敏感肌の方が安心して使うことができる保湿クリームをランキングにてご紹介しています。敏感肌の特徴を踏まえた上で、敏感肌のケアができる成分が配合されているもの、さらに、保湿効果を極限まで高めてくれるものを厳選しました。乾燥が気になる敏感肌の方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

敏感肌に合う保湿クリームの見分け方

敏感肌を克服しつつ乾燥しない肌へ導く保湿クリーム選び
肌の炎症をケアできるもの
敏感肌は肌の内部で常に微弱な炎症を起こしている状態です。ですから、肌の炎症を抑える成分が配合された保湿クリームで炎症を抑えることが重要となります。炎症を抑えない限り、敏感肌の症状は解消しないので、抗炎症成分配合かどうかをしっかりと確認しましょう。
肌のバリア機能を回復してくれるもの
敏感肌は肌のバリア機能が低下し、外的刺激を受けやすい状態となっています。ですから、ちょっとした刺激で肌が荒れてしまいます。また、バリア機能が低下していると水分蒸散しやすいので、肌が乾燥しやすくなります。バリア機能を回復する成分が配合された保湿クリームでしっかりとお手入れすることが大事です。
肌のコラーゲン量をアップしてくれるもの
敏感肌は外的刺激によるダメージを受けやすいため、コラーゲンが破壊されて減少している状態となっています。コラーゲンが減少すると、肌に水分をためておく力が衰えるので、乾燥しやすくなります。ですから、コラーゲン量を高める成分を配合した保湿クリームを選ぶ必要があります。

敏感肌向け保湿クリームおすすめランキング

アヤナス
肌の炎症をケアする「コウキエキス」「グリチルリチン酸2K」、肌のバリア機能を回復させる「ヒト型ナノセラミド」、コラーゲン量をアップさせる「CVアルギネート」の全てを配合した保湿クリーム。敏感肌専門ブランドであるディセンシアが開発した保湿クリームなので、敏感肌に最も合っている保湿クリームといえます。
肌の炎症をケア:◎ バリア機能回復:◎ コラーゲン量アップ:◎
米肌
肌のバリア機能を回復させるのに欠かせないセラミドを生み出す「ライスパワーNo.11」を配合した保湿クリームです。セラミドが不足しない肌になるので、バリア機能が自然に回復していきます。また、空気中の水分を肌に取り込むグリコシルトレハロースを配合しているので、うるおいの続く肌に導いてくれます。
肌の炎症をケア:○ バリア機能回復:◎ コラーゲン量アップ:○
ヒフミド
ヒト型セラミドを高濃度で配合することによって、肌のバリア機能を急速に回復させることができる保湿クリーム。セラミドに特化した保湿クリームなので、バリア機能の衰えを感じる方におすすめしたいです。炎症をケアする成分はあまり配合されていないので、延焼しやすい方には不向きです。
肌の炎症をケア:○ バリア機能回復:◎ コラーゲン量アップ:○
セラミディアル
セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱという3種類のセラミドを配合した保湿クリームです。セラミドの力によって、肌のバリア機能を回復させることができます。また、シアバター・マカデミアナッツ油・ホホバ種子油などの天然油分を配合しているので、保水力がアップするところがポイントです。
肌の炎症をケア:△ バリア機能回復:◎ コラーゲン量アップ:○
オラクル
60種類以上の植物エキスを組み合わせることによって作られた天然由来の保湿クリームです。自然の成分だけで作られているので、肌への負担が少なく、敏感肌の方でも安心して使うことができます。肌にできる限り負担をかけたくない方に向いている保湿クリームです。
肌の炎症をケア:○ バリア機能回復:○ コラーゲン量アップ:○

敏感肌の方に最もおすすめしたい保湿クリームはこちら!

敏感肌に最適な保湿クリームは「アヤナス」です!
炎症をケアする成分を配合
⇒ 敏感肌に欠かせない炎症ケアを行うために「コウキエキス」「グリチルリチン酸2K」という2つの抗炎症成分が配合されています。肌内部の微弱な炎症を抑えることができるので、敏感肌の症状を抑えるのに役立ちます。
バリア機能を回復する成分を配合
⇒ バリア機能の回復に欠かせないセラミドを配合しています。アヤナスでは人の肌と同じタイプのヒト型セラミドをナノ化して配合しているので、肌に浸透しやすく、急速に効果を発揮してくれるところが魅力となっています。
コラーゲンをアップさせる成分を配合
⇒ 肌に水分をため込んでおくために欠かせないコラーゲンを作り出してくれる「CVアルギネート」を配合しているので、肌のコラーゲン量をアップさせることができ、保水効果を高めることができます。

アヤナスは特許成分ヴァイタサイクルヴェールによって、物理的に水分蒸散を防ぐことができるので、保湿力を速効で高めることができます!