世界の同性愛事情

近年、徐々に日本では同性愛者に対する認知度は高まってきています。日本とは比べて世界での理解度は国によって様々です。ひとつの国の中でも同性愛に対する認知度は異なります。代表的な例で言うとアメリカです。州によって同性愛者同士の恋愛を認めている所もあれば、同性愛者に対して反対運動を行っている所もあります。

また、同性愛者と言えば日本でレズよりもニューハーフやゲイを思い浮かべる人が多いかと思います。それらの人に対してはメディアで大きく捉えられるくらい認知の深いものになってきました。ただ、日本では社会において同性愛者に対する偏見は世界に比べて、まだまだだと思います。特にレズに関しては、世間の認知すらされていないのが事実です。

よく同性愛に寛大な国としてあげられる国と言えばタイです。タイと言えばニューハーフというイメージがあるでしょう。しかし、ゲイもいればレズもいます。タイの政府は同性愛をとがめることなく、同性愛者ようにコンドームを政府が配布しているのです。政府が認めてくれると同性愛者も住みやすくて良いですよね。

また、あまり日本では知られていませんが、オランダもまた同性愛者に対して寛大な国のひとつです。オランダはいろんなことにオープンな国です。同性愛者についても、それは当てはまります。反対運動がおこることもなければ、同性愛者同士の婚姻も大々的に認めています。婚姻が法的に認められたのは2001年なのですが、法で定められて初めてのレズや同性愛者の結婚式の時にアムステルダムの市長も出席したらしいです。ただ、まだまだこんなオランダにおいても同性愛に対しては発展途上だとも言え、同性愛者に対する犯罪も起こっているのも事実です。小さな頃からの同性愛に対する教育が求められてもいます。

また、日本では同性愛者の恋愛において、まだまだ認められていないことが多く、レズやゲイなど同性同士で手を繋いでいるだけで偏見の目で見られることがあります。精神的にも肉体的にも大きな支えとなる恋人も異性愛者のカップルのように、大々的に甘えたり愛を語り合うこともできません。

また、恋人となる人がいるだけでも良いと思います。恋人すら簡単に見つけられません。あの女性素敵だなと思ってもレズではなく異性愛者であることが多くあります。異性愛者はより好みをしなければ、対象となる異性は多くいます。しかし、レズはそんなに簡単に恋愛の対象となる女性に巡り会えません。心の奥に眠る欲求を満たせないレズも多くいます。それが寂しさとなったり、ストレスとなることもあります。同性愛者が集まる場所に出向いて気持ちを分ちあえても、恋愛はできるかどうか分かりません。レズひとつをとってもいろんなタイプがいて好みもありますから。

あの子もこの子もみんなレズビアン
自分だけの特別な恋人に出会えるレズサイトもあるよ!

MENU